髪ヽSOS / よくある髪の毛のトラブル - シャンプーの正しい仕方

| トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
無料で育毛体験!【第3弾】参加者の応募募集は11月1日からです

詳細はコチラ→「24週間育毛マラソン、体験モニター募集中!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

髪の毛の成長には、健康な頭皮を保つことが大切!

シャンプーは髪を洗うためのものと思いがちですが、

頭皮を洗うこともシャンプーの重要な目的のひとつです。基本は2度洗い

 

洗髪時に髪の汚れとともに頭皮の脂(皮脂)を落とそうと意識するあまり、

指先に力を入れてゴシゴシと頭皮をこすったり、

爪を立てている人も少なくありません。

頭皮を傷つけ、抜け毛の原因になることもあるので、注意が必要です。

 

頭皮を洗うには、充分な量の泡で、頭皮についた汚れや皮脂を

シャンプーの泡に溶かし込むよう優しく丁寧に洗います。


石鹸の泡で顔を洗う時をイメージするといいですね。

毛髪は皮膚の一部が変化したものですから、髪の成長を促すために、

頭皮を清潔にして健康な状態を保って下さい。

 


1.まずはお湯でよくすすぐ

シャワーで髪の毛をしっかりすすぎ、

指の腹で頭皮の汚れや髪についたホコリを落とします。

 

2.シャンプーをしっかり泡立てる

シャンプー剤は手のひらに1、2プッシュ出し、両手に軽く広げ、手のひらの上

または、後頭部から側頭部で泡立てます。

※シャンプーは髪に付ける前に手で泡立てると頭皮の汚れが、より落ちやすくなります。 

1回目のシャンプーでは主に髪の汚れを洗います。

泡は徐々に髪の毛と頭皮全体に広がりますので、

ゴシゴシこすらなくても髪の毛の表面の汚れや皮脂は取れます。

 

3.二度目のシャンプーの量は1回目の半量で

一度シャワーですすぎ、もう一度 A のようにシャンプーをします。

シャンプーの量は1回目の半分程度。

 

A.指の腹で優しく洗う

親指を除いた4本の指の腹を頭皮に当て、

襟足・耳の後ろ⇒耳の上・こめかみ⇒頭頂部と後ろから前にむかって
生え際⇒前頭部⇒頭頂部と前から後ろへと、順に動かします。

指が直接頭皮に触れるように、親指は添える程度で。
下から上へ洗い上げる意識で指の腹で洗い、指先は使わないようにしてください。

毛穴の向きにさからって洗うと頭皮の汚れが落ちやすくなります。

また、手のひらを使った髪の毛のもみ洗いはしない事です。
髪の毛を摩擦するような洗髪方法は、キューティクルを傷める原因となります。

 

5.ていねいに洗い流す

指の腹で直接頭皮に触れ、頭皮までしっかりとすすぎ、

洗浄成分が頭皮に残らないように十分にに流します。

 

シャンプーで髪の毛が生えることはありませんが、

頭皮環境を整えることは育毛には大切です!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新・育毛プログラム「24週間 育毛マラソン」期間限定で提供開始!

松井ヘアークリニックでは、新しい診察プログラムを期間限定でスタートします。
半年で治療効果を実感出来なかった場合、全額返金いたします。
1日1回クスリを飲むだけ。毎日続けることで髪の毛は変わります!
今なら無料の体験モニター参加者も募集中!

育毛革命! 髪の毛の悩みは松井ヘアークリニックへ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


松井ヘアークリニック

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ikumore.com/manager/mt-tb.cgi/294