ビタミンB群の最近のブログ記事

ビタミンの発見!
20世紀はじめにビタミンとして最初に発見されたのが、ビタミンB1

実験用のねずみに三大栄養素(たんぱく質・脂質・糖質)に、ミネラルをあたえても
生長しないことから、生命の維持には三大栄養素とそれらを代謝するビタミンの存在
が示唆され、それがきっかけで初めて発見されたのがビタミンB1でした。

ちなみに「代謝」とは、カロリーを消費するだけではなく、
食べたものを身体がいろいろな生命維持のために利用することをいいます。


ラテン語のVita+アミン→ビタミン
ビタミンB1はアンモニアからできる化合物の一種、アミンの一種だったために
"生命維持活動に必要なアミン"という意味から、ラテン語で「Vita(生命)」と
アミンをくっつけてビタミンと名付けられました。


なぜビタミンBだけ"B群"と呼ばれるくらい種類があるのか?
それは、ビタミンB1が発見に続いて、ビタミンには「脂溶性」と「水溶性」に
分けられることがわかって、「栄養素をエネルギーに換える」性質があるアミンを
ビタミンBの仲間に分類したからです。その後もビタミンB群は発見されましたが、
人体直接関与しないものや、現在の定義に当てはまらないもの(
ビタミン様物質)
もあり、
栄養素として認められて
いる
ビタミンB群は全部で8種類です。

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・
ビオチン・ナイアシン・葉酸・パントテン酸・ナイアシン

それぞれの役割や働きは、ひとつずつ紹介していこうと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新・育毛プログラム「24週間 育毛マラソン」期間限定で提供開始!

松井ヘアークリニックでは、新しい診察プログラムを期間限定でスタートします。
半年で治療効果を実感出来なかった場合、全額返金いたします。
1日1回クスリを飲むだけ。毎日続けることで髪の毛は変わります!
今なら無料の体験モニター参加者も募集中!

育毛革命! 髪の毛の悩みは松井ヘアークリニックへ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・