豚づくし育毛セミナーwith豚組」の最近のブログ記事

髪の毛にやさしいレシピブログを始めたのは、「寝ること」と「食べること」は人にかわってもらえないことなので、どうせ食べるなら、身体にも、髪の毛にもやさしい食べ物を・・・と自分が好きな""を通じてなにかを紹介していけたらと思ったからです。今月14日(水)に、「豚づくし育毛セミナーwith豚組」ということで豚組しゃぶ庵さんとコラボさせていただき、前菜2品を、豚肉と今が旬の食材をつかい髪の毛にやさしいレシピとして考えさせていただきました。その2品のレシピをご紹介いたします。

 

■1品目の髪の毛にやさしいレシピ 『焼豚と夏野菜のゼリー寄せ

焼豚と夏野菜のゼリー寄せ.JPG 

豚組しゃぶ庵さんで、窯焼きチャーシューを食べてとってもおいしくて、
チャーシューをつかって何か夏らしい一品をと思ったのが、このレシピを考えたきっかけです。

 

【材料:4人分】
焼豚・・・60g
サラダ用ボイルえび・・・8尾
おくら・・・4本
長いも・・・50g
プチトマト・・・4個
枝豆(冷凍でOK)・・・50g(豆のみ)

だし汁・・・400cc
薄口しょう油・・・小さじ2
みりん・・・小さじ2
塩・・・小さじ1/3
酒・・・小さじ1
粉ゼラチン・・・6g
水・・・80cc

◎つくり方◎

1.水に粉ゼラチンをふりいれ、5分ほどおいてふやかし、電子レンジで加熱し溶かしておきます。

2.焼豚と、皮をむいた長いもは1cm角に切り、プチトマトは湯むきしておきます。オクラは塩ゆでし小口切りにします。

3.鍋にだし汁・薄口しょう油・塩・みりんを加えて一度わかし、火からおろし1のゼラチンをくわえて溶かします。2の材料・えび、枝豆を加え、氷水にあてて粗熱をとり、とろーっとしてくるまで冷やします。(粗熱を取ってから器に流すと具材がしずみません。)

4.器に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めて完成!

 

このレシピには、たくさんの髪の毛にやさしい栄養素が含まれていますが、その中から亜鉛ついてお話させていただきました。亜鉛はヒトにとって重要な必須ミネラルのひとつです。たんぱく質の合成や、身体の細胞分裂・健康維持の栄養素として不可欠で、もちろん髪の毛にとっても必要不可欠な栄養素となります。亜鉛は体内でつくることができないので、食べ物やサプリメントから摂取します。

亜鉛不足になると、
・爪が割れる ・記憶力の低下 ・イライラする ・髪の毛がパサパサする ・肌が荒れる、などの症状が現れます。

亜鉛は身体の交通係です。体内の一連の作用が 効率的に流れるように、細胞がきちんと維持されるように監督・指揮をとっています。亜鉛はさまざまな役割をはたしてくれますが、髪の毛に関することで言いますと、亜鉛は、細胞分裂や皮膚(頭皮も)の形成に、大きく関わるミネラルであることから、亜鉛には、健康な頭皮環境や、髪の毛にハリ・コシをあたえ、太く丈夫な髪の毛にする働きがあります。現代人は亜鉛不足という指摘もありますので、育毛のために、もちろん健康のためにも積極的に取っていくことを心がけましょう。

ただ、良いからと言って過剰に摂取すると、逆に体調を崩すことになります。亜鉛を取り過ぎた場合、体内のミネラルバランスが崩れ、免疫力の低下や貧血となってしまいます。食はバランスが大切です。

 

■2品目の髪の毛にやさしいレシピ 『豚まき谷中しょうが

豚まき谷中しょうが豚組しゃぶ庵.jpg

関東では葉生姜を谷中生姜という方が多いようで、
東京の谷中(台東区)でとれたのが名前の由来と言われています。

生姜は、健康増進、美容促進に、また血の巡りが悪い方にもおすすめの食材です。

 

【材料:4人分】
薄切り豚ばら肉・・・8枚
谷中しょうが・・・8本
塩・こしょう・・・少々

◎つくり方◎

1.谷中しょうがは葉の部分を切り落として、1本ずつにわけます。それぞれに豚ばら肉を1枚ずつ巻き、塩・こしょうをしてグリルでカリカリになるまで焼いたら、完成!

 

生姜の辛み成分、ショウガオールジンゲロールジンゲロンには身体を温め、血行を促進する作用、発汗作用を高める働きがあります。また、強い殺菌力があるのも、これら辛み成分の特徴です。辛み成分には抗酸化力もあり、細胞の老化の抑制する働きがあるといわれています。細胞が老化してしまうと髪の毛も作られにくくなってしまうため、髪の毛にやさしい成分と言えます。

 

食べ物によって髪の毛が増えることはありませんが、
畑がよければ、よい作物が育つように、
健康な頭皮、体内環境づくりは育毛にとってとても大切です。

 

*焼豚と夏野菜のゼリー寄せの髪の毛にやさしい栄養素のお話*

●システイン(枝豆)
システインは髪の毛を作るアミノ酸の中で最も多い 15%くらいを占めていて、ケラチン同士を結び付ける役割を果たしているのです。

●葉酸(枝豆)
造血のビタミンと呼ばれ、毛母細胞の活性化・修復や 血行促進に役立ちます。

●ビタミンC(オクラ)
ビタミンCを十分摂取していれば、コラーゲンが生成 されて頭皮や髪の毛をつくる細胞同士の結びつきが強く なるため、健康な頭皮と髪の毛が育ちやすくなります。

●銅(エビ)
銅はさまざまな身体の組織を作るのに必要な効果があり、 主に骨・血液の形成、髪の毛や皮膚の色やキメ細かさに 影響します。

●アスタキサンチン(エビ)
老化の原因のひとつともいわれる過酸化脂質の生成を 抑制する効果などにとても優れているといわれています。肌荒れやシワ予防、シミの抑制などにも効果があります。

●亜鉛(長いも)
新しい髪の毛をつくるための新陳代謝に必要な栄養素。

●セレン(トマト)
ビタミンEと共に、高い抗酸化作用を持ち、喫煙 飲酒、ストレスなどで発生した活性酸素を除去してくれます。フケ予防にも効果があります。

●イノシトール(トマト)
頭皮の状態は正常に保たれ、抜け毛などの頭皮のトラ ブルを防ぐことができると考えられているのです。

 

*豚まき谷中しょうがの髪の毛にやさしい栄養素のお話*

●マンガン(生姜)
育毛に必要なビタミンB1やビオチンなどを身体が 適切に使うために必要な酵素の活性を助けるミネラル

●ショウガオール・ジンゲロン・ジンゲロール(生姜) 
細胞の老化を防ぐ(細胞が老化してしまうと 髪の毛も作られにくくなってしまう)

 

*豚肉の髪の毛にやさしい栄養素*

●たんぱく質 ●アミノ酸 ●ビタミンB1 ●ビタミンB12 ビタミンB6 ●コラーゲン ●パントテン酸 ●硫黄 etc.

髪の毛にやさしい豚肉レシピ

 

「豚づくし育毛セミナーwith豚組」とても楽しい時間でした。

ありがとうございました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新・育毛プログラム「24週間 育毛マラソン」期間限定で提供開始!

松井ヘアークリニックでは、新しい診察プログラムを期間限定でスタートします。
半年で治療効果を実感出来なかった場合、全額返金いたします。
1日1回クスリを飲むだけ。毎日続けることで髪の毛は変わります!
今なら無料の体験モニター参加者も募集中!

育毛革命! 髪の毛の悩みは松井ヘアークリニックへ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・